出産~1ヶ月健診までのスケジュール

助産院受診のタイミング

予定の月経から1~2週過ぎた頃、ご自身での尿検査で妊娠反応が出たらご連絡下さい。妊娠の確認と予定日を確認します。健診は、ご自宅または助産院で受けてください。
これまでの生活様式や既往歴、妊娠・分娩歴などの他、どのようにご家族で赤ちゃんを迎えたいと思われているかなど、お話しを伺います。

(初期の様子)

 

母子手帳発行 およそ5週~8週くらい

赤ちゃんの心拍が確認出来たら妊娠届け出を発行致します。
保健センターで母子手帳を受け取ってください。その際、出産までに必要な健診と検査の費用を助成する妊婦健康診査受診票を合わせて受け取ってください。

 

医師による健診

初期・中期・後期のいずれも1回は医師による健診を受けます。その他、妊娠中に観察が必要な検査(子宮がん検診、感染症検査、貧血、血糖、GBSの検査)を合わせて受けます。
嘱託医師は レディースクリニック古川(葵区北安東) 古川雄一先生です。
ご自宅近くの産婦人科医に診察を依頼することも可能です。

 

助産院での健診

尿検査、体重、血圧測定、腹囲子宮底測定、腹部触診、児心音聴取、エコー検査を行います。むくみ、腰痛、便秘、尿が近い、めまい、不眠、冷え、ストレスなどの不快症状を来たさず妊娠生活を過ごすことが出来るよう、骨盤ケアやアロマ、さらしを使った腹部の支持法などを取り入れます。ご自身の妊娠中と出産後の健康、赤ちゃんと家族の健康のために、日々の食事や生活様式で取り入れられることを見つけていただけるよう、映画鑑賞会や食事会などにも参加していただきます。

(中期の様子)

出産と産後の生活に向けて必要なものを準備します。また、出産後の生活を想定して、赤ちゃんの栄養方法や抱っこの仕方、おむつの替え方など育児の練習をしておきます。同時に、パートナーやサポートしてくれる方と一緒に役割分担などを話しておきます。

(後期の様子)

出産に備えて規則正しい生活が送れるように意識します。
出産の時の体位をイメージしたり、誰と、どのように赤ちゃんを迎えたいか考えたりして出産の準備をします。
赤ちゃんのお世話がスムーズに始められるよう、産後過ごす部屋の準備やおっぱいのケアをします。


いずれの健診以外でも気になること、心配なことがあれば、次の健診を待たずに連絡をして下さい。

受診時週数 内容 場所 料金
6~8週 妊娠の確認・予定日算出 助産院または病院 初診料金
11週前後 エコー、血液検査、子宮頸がん検査 病院 初回受診票使用*
12~15週 妊婦健診、エコー 病院 第2回目受診票使用*
16~19週 妊婦健診 助産院 第3回目受診票使用
20~23週 妊婦健診、エコー 病院 第4回目受診票使用*
24~25週 妊婦健診 助産院 第5回目受診票使用
26~27週 妊婦健診 助産院 第6回目受診票使用
28~29週 妊婦健診、エコー、血液検査 病院 第7回目受診票使用*
30~31週 妊婦健診 助産院 第8回目受診票使用
32~33週 妊婦健診 助産院 第9回目受診票使用
34~35週 妊婦健診、エコー、GBS検査 病院 第10回目受診票使用*
36週 妊婦健診、NSTモニター 助産院 第11回目受診票使用
37週 妊婦健診 助産院 第12回目受診票使用
38週 妊婦健診 助産院 第13回目受診票使用
39週 妊婦健診、NSTモニター 助産院 第14回目受診票使用
40週 妊婦健診、NSTモニター 助産院 実費
41週 妊婦健診、エコー 病院 実費

*助産院の健診は60~90分程度になります。ご料金について、初診以外の健診は妊婦健康診査受診票がご利用でき、実費負担金はかかりません。

*病院の健診時は紹介状をお書きします。健診のご料金については各病院へお問い合わせください。

 

連携医療機関

☆静岡県立総合病院
☆静岡県立こども病院

健診中または分娩中に病院で出産した方が良いと助産師が判断した場合、上記連携医療機関に診察依頼・搬送します。
※連携医療機関まで助産師が付き添います。

 

 


出産から産後1ヶ月まで

(出産の様子)

出産後2時間は産婦さんと赤ちゃんの観察をするために助産師が付き添います。

赤ちゃんは生後30分ほどでおっぱいを飲みます。その後も赤ちゃんが欲しがる時におっぱいをあげられるようにしていきます。
産婦さんは着替えや食事をし、トイレに行き、少し眠れるようにお手伝いします。その後、助産師は一旦帰宅しますが、出産当日は必要に応じて再度訪問します。
出産翌日から4日目まで助産師が毎日訪問し、赤ちゃんの沐浴とお母さんの身体のケアに伺います。その後、産後2週間、1か月健診はお母さんと赤ちゃんの健診で訪問いたします。

産後2週頃まではお母さんが赤ちゃんのお世話だけに集中できるよう、ご家族に家事や上の子のお世話をできる限りお願いしています。

入院中に小児科嘱託医の先生に赤ちゃんの診察を依頼しています。
※嘱託医の先生はうえだ小児科(駿河区登呂) 上田憲先生です。助産師が一緒に付き添います。
ご自宅近くの小児科医に診察を依頼することも可能です。



お祝いに・・・

アロマセラピストによるアロマオイルマッサージをプレゼントしています。

お祝い膳として・・・

肉、乳製品不使用の雑穀米料理を差し入れしています。