助産師と一緒に出産する

自宅出産

出産する方と家族の方が生活している場所で、皆さんの生活の流れの中で赤ちゃんを迎えます。
入院期間は、助産師が自宅に呼ばれた時から入院となり、出産後、助産師がママと赤ちゃんのケアのために訪問し、数日経った時までとなります。
食事の提供は、基本的にはご家族にお願いしておりますが、ご希望があれば当院で対応いたします。 また、その他の家事と上の子のお世話などを、出産後のお母さんに代わって当院で対応いたします。

 

助産院での出産(市内の提携している助産院)

出産する時に入院施設のある助産院に行くスタイルです。
入院日数は出産する方と家族の方のご希望と助産師との間で相談します。出産当日、または翌日に自宅に帰る場合は、その後助産師が自宅に数日続けて訪問し、ママと赤ちゃんのケアをします。
妊娠中の健診は、ぶどうの木助産院または自宅で行いますが、出産する方が助産院に慣れるように、妊娠期間中1度は助産院で行います。


出張分娩が可能な助産院です。

〇いぶきの助産院(駿河区・丸子)

〇渡辺助産院(葵区・上足洗)

〇くさの助産院(葵区・瀬名川)

出産の時のサポート助産師です。

〇いぶきの助産院(駿河区・丸子):小長井祥子助産師

〇渡辺助産院(葵区・上足洗):新里俊子助産師

〇くさの助産院(葵区・瀬名川):草野恵子助産師

〇ノア助産院(清水区):吉田順子助産師

〇藤枝市助産師:加藤円助産師

〇さと母乳相談室(静岡市・島田市):篠崎里恵

自宅、助産院の出張分娩はどちらも同じ助産師が妊娠中から出産後まで継続してケアを行います。

 

マイ助産師制度について

当院では、【マイ助産師制度】を軸に、全ての妊産婦さんが助産師の一対一のケアが受けられることを願い活動しています。 【マイ助産師制度】とは、1人の女性が妊娠すると、女性が助産師を選び、助産師はその女性の妊娠から出産、子育てまで、継続してケアを提供することを保証するものです。

女性の出産体験は、その後の子育てや女性の人生に影響を与えると言われています。
女性が自分の出産体験を肯定的に受け入れると、女性の自己肯定感が高まり赤ちゃんや周りの人との関係に良い影響を与えます。また、出産の様式や出産場所以外の事で、妊娠中や出産中、子育て期にどんなケアを受けたか、どんな寄り添い方をしてもらったかが重要だとも言われています。

クリックするとPDFデータが表示されます。是非ご覧下さい。



再生ボタンを押すと「助産師が妊婦さんに寄り添い、一対一の継続ケアを行なうこと」をを紹介した動画が見られます。
資料提供元:ニュージーランド助産師会

助産師ニッキーさんは、自分の役割を「小さなボートが無事港に辿り着くよう導き役、見守り役をしている灯台守のようだ」と表現しています。また、妊婦のハンナさんは、助産師ニッキーさんについて、「彼女は私と赤ちゃんの一番最初の大切な結びつきを手助けしてくれた」と言っています。「子どもに愛着が湧くと子育てもずっと楽!」だとも言っています。

全ての女性が、妊娠、出産、子育てに限らず女性の一生涯において、心と身体の相談が出来る助産師を見つけ、安心して過ごすことが出来るようにと願います。



出張分娩をお受けできる方

助産院ガイドラインに沿い、以下の条件を満たす方の出産のお手伝いが可能です。

◇妊娠経過中、継続して管理され、正常に経過している方

◇妊娠中に指定回数の嘱託医師の診察を受けられた方

◇当院より車で45分以内の方

◇ご自宅で身の周りのお世話をしてくださる方がいる

◇ご家族が出産について同意されている



出張分娩をお受けできない方 以下の方は医師の管理が必要です

◇自己免疫疾患、気管支喘息、心臓、腎臓、甲状腺機能に異常のある方

◇前回の出産が帝王切開分娩、早期胎盤剥離などの既往のある方、双胎妊娠、妊娠 高血圧症候群、骨盤位が治らない方、胎児に疾患があると分かっている方

◇B型肝炎・C型肝炎・HIV感染などの感染症のある方

出張分娩の際は、応急処置が必要になった際の物品と人員を備えていますが、自然な成り行きを見守ることに、時に医療の介入が必要になることがあります。 適切な医療介入を受けることにより、安全に出産をすることが出来ると判断した場合は助産師の付き添いのもと、医療連携機関に搬送いたします。



助産院での出産をお考えの方へ

お腹に赤ちゃんがいる生活はワクワクしますね!
そう、妊娠、出産はいのちを生み出すことであり、まだ一度も会ったことのない赤ちゃんとの出会いです。喜びであり、楽しみであり、そして大事ないのちを育む過程です。


本来、妊娠、出産は生理的な変化ですが、時にママにとっては不快なものとなったり、負担になったりします。誰もがそのように変化してしまう可能性があり、妊娠中の過ごし方によっては殆ど正常と言える生理的な範囲内で出産を迎えられることもあります。
ママが妊娠中に楽に過ごせると、出産も楽しみになります。

助産師と一緒に身体や心の変化を見つめ、赤ちゃんを迎えませんか。